ブログ(20)~(32)のまとめ ※勘所シリーズまとめ

まとめ記事

勘所シリーズ!!ブログ第20弾から第32弾までの振り返り!これまでにお伝えした内容の総括をします♪

みなさまどうも。「あったらいいね!」シリーズでブログを書き続けている加賀美(カガミ)です。
前回までで『ITエンジニアの仕事の勘所について①~⑬』についてお話したので、
今回はそれらについてのまとめのお話をしたいと思います。

みなさま、最後までご静聴のほど、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

それではこれまでのハナシの総括を展開♪

第20弾:ITエンジニアの仕事の勘所について①

勘所①は『差異に気づく』でした♪
はい、『差異』だなんて小難しい言葉使っておりますが、
いってみりゃ『開発では小さな違いに気づこうね♪』であります♪

この回では、なんか
サイコパスかと思えるような質問がございましたが
強いて言えば画面とか帳票のテストとか、
問題なく動いていてもテキストボックスの位置とか
設計書と微妙に違ったりすると、

お客様からすると
激おこだったりするんですよね、
というオチなんですよね(;´∀`)

※)問題のサイコな質問のための画像

第21弾:ITエンジニアの仕事の勘所について②

勘所②は『様々な事象を紐づける』でした♪
さっこんでは『データドリブンな●●』、
なーんて言説を聴いたりしますが、
『データAとデータβの共通項を紐づける』とか、
そういうのってずっと前からITの活用方法として超重要でしたよね
ってなおはなしでございます♪♪♪
(※既視感)

※)上記は3つとも『コンビニ』。はて、こういう写真が並んでたら何かふと思い浮かぶことはありますかぇ!?

第22弾:ITエンジニアの仕事の勘所について③

勘所③は『あらゆる事をいったん疑う』でした♪
まぁこれはアレですね、プログラム開発とかネットワーク運用とかしてれば
ほぼ誰でもそういう性格になっちゃいますよね
。。。(;´∀`)

まぁけど強いて自分のブログをほめるとしたら『コンサル』とか、
見るからに『この人すごそう!』ってなオーラぷんぷんの人でも
圧倒されないようにねっておはなしでして。。。(;´∀`)

※)ほいほい、上図はいわゆる『だまし絵』ですよぉ~ みなさんお気をつけて!!!
(*正直このブログ作者が一番うさんくさい)

第23弾:ITエンジニアの仕事の勘所について④

勘所④は『視野を広く持って仕事に取り組む』でした♪
まぁけどそもそもSEってその昔は
要件定義書作って、
アーキ作って、
人集めてプロマネして、
みたいな何でも屋でしたよね。。。(;´∀`)

けれど
OS1つとっても
DB1つみても
なんだったらお客様が求める業務処理にしても、
どのソフトウェアも超巨大化、複雑化したんで、
サーバーエンジニア、DBエンジニア、みたいな専門化が進んでしまったのは
ある意味しょうがないですよね(;´∀`)


けれども
だけれども、
いつの時代もお客様が求めるエンジニア像って
とにかく
目の前の問題を解決してくれる柔軟な頭のエンジニアさんなのかなぁと
思うのであります。。。

※)上図は『俺のコスモよ 奇跡を起こせ』!!!
ではございませんよ(;^_^
行き詰まったら視野を広げましょ♪ってなイメージれす♪♪

第24弾:ITエンジニアの仕事の勘所について⑤

勘所⑤は『脳トレを日々行うこと』でした♪
ここでかがみはドヤ顔で『スマポアプリのチェス』の
お話をしましたけど、
お客様先では普通に
昔はルービックキューブ(※6面以上)とか普通にでけた』とか
最終学歴は京大/赤門です』とか
そんなエンジニアさんやらプロパーさんやら。。。(;´∀`)

まぁけど
人生はある時点から
他人と比較すること自体が『邪悪』に
なる年齢ってありますよね。。。

『うさぎとかめ』ってほんと深いですよね
だって
うさぎはかめを見て居眠り始めたんですから。。。

※)ITってパズルではないけどパズルみたいですよね~
そして自分の専門分野での開発経験積み重ねるといつかそいつのうまいアーキ作れると思います。。。
ちなみにそっちはたぶんパズルだけじゃできないと思いますよー(※邪●眼保持者除く)

第25弾:ITエンジニアの仕事の勘所について⑥

勘所⑥は『書いてあることをよく読むこと』でした♪
みなさま、特に保守フェーズドキュメントの『文末』にお気をつけてくださいね(;´∀`)
そして、書き換えられすぎてイミフなときは思い切って図にでもしてみてください
以上。


ぜひ図にしてみましょう♪♪

~※以降は普通に書きます~

はい、かがみなんかはここ数年
エリック・エヴァンスの『ドメイン駆動設計』なんかにハマって おりますが、
(ってかどっちかっていうと『現場で役立つシステム設計の原則』の増田亨氏に心酔してるんすけど(^_^;))
かがみ的にはアジャイル開発は正直
向き/不向きがあると思っておりまして、
まぁつまるところ
大量の無意味なドキュメントは良くないとは思うけど、
『設計書』や『仕様書』などはやっぱり今でも重要ですよね、

とは思っております(;^_^A
だって限界あんじゃん、人ののーみそって。

あ、
ですけど、
ですけど、
例えウォーターフォール開発で業務系システム作るとしても、
業務系ならオブジェクト指向とか
ソフトウェア工学の知見は適宜(適宜!)採用したほうが良いんじゃないかなぁ
そう思っております(;´∀`)

ちなみに、
そう思うきっかけはオブジェクト指向開発の古典?
名著『ユースケース駆動開発実践ガイド』を
読んでからですね~

あ、この意見なんですけど
もし間違えてたら申し訳ございません(;´∀`)

※)かがみは業務系システムのドキュメントしか知らないんですけど、
ほんと『それは俺に対する挑戦か?』とふとそう思ってしまいます。。。

第26弾:ITエンジニアの仕事の勘所について⑦

勘所⑦は『身体を動かす』でした♪
はい、これ意外にも
もしずっとITエンジニアとしてやってくなら超重要だと思いますよ~♪♪♪

なぜってここ数年はやりの健康経営的視点から見ても
『ずっと座業』って短命だっていうデータが出ておりますし、
ITエンジニアって、どーしたって
みんなが寝静まってる夜中にやる作業とか普通にございますし、
古(いにしえ)から
哲学者とか超頭脳労働者の方々って
すげー距離のお散歩とかしてたみたいですし、

とにかくこの業界、
テスターからシステムグランドデザインに関わる超上流コンサルまで、
とにかく心身ともに『溜まるお仕事だと思いますんで、
運動でもして発散しといたほうが良いと思いますよー

あ、けど
発散と言ってもアルコールとかは適量が良いかと思いまするよ(;´∀`)
にんともかんとも。にんにん。←?

※)ほんとかがみんてきには毎朝のらぢおたいそう、くらいでいいと思うんすよね。
社員みんなでZoomでらぢおたいそうとかどぉですかね(;^_^A
けど参加不参加は『ユルイ感じ』重要ですよね。。。だって新たなイジメが。。。

ところで。
だから上図が女性なのかだって!?
そりゃ黙秘ですよぉ。。。(爆)

第27弾:ITエンジニアの仕事の勘所について⑧

勘所⑧は『常識的に考えて対応する』でした♪

まぁその昨今の『ニューノーマル』な時代では、
『常識では考えられない出来事 アンビリバボー』みたいな状況ですけど、
けど、だからこそ、
『普通に、論理的に推論すればそれありえるよぇ。』
みたいな思考が重要だと思うんですよね。

あ、
末尾の『ぇ』これわざとなんすけど(;^_^A
例えば、やっぱり
こういう時代って過去にもございまして、
『魔女狩り』みたいな集団ヒステリーにならなければ良いなぁとホントそう思います。。。

ハッ!
しまった
これITエンジニアがトラブル対応するときのお話だった。。。Orz

昔考えられていた世界
※)『そこである人考えた!』みたいな、ね。けどそれ現代的にはまちがっているんですよぉぅ。。。

第28弾:ITエンジニアの仕事の勘所について⑨

勘所⑨は『白い鴉(カラス)はありうると思う』でした♪

改めて振り返るとこれ、
『あらゆることをいったん疑う』とちょびっとかぶっておりますよね。。。(;´∀`)
あ、けど強いて言えば

『勘所③:あらゆることをいったん疑っ』て、
『勘所④:視野を広げて考え』て、
『勘所⑧:常識を基に考え』て、
それでベストプラクティスと思えるソリューションを見つけたとしても、

それでも、
そーだとしても、

『まだ別の(もっと素敵な)ソリューションがあるかもしれない』

そういう思慮深さというか貪欲さが『お仕事』には
必要なのかもしれないな~
とかそんな感じですかね~

ちと強引(;´∀`)?

※)まぁアレですよ、アレ、『Stay hungry, stay foolish!』とかそんな感じですよ。。。
けどソレずっとやってたら正直疲れちゃわない?(あ、言っちゃった!)

第29弾:ITエンジニアの仕事の勘所について⑩

勘所⑩は『煮詰まったら寝る』でした♪

はい、
エンジニアでこいつの効能のご経験者ならお分かりかと思いますけど、
これもこれで超重要ですよね~


もう、ほんと頑張ってそこにとどまっていても、
たぶん工数ムダなんですよね。。。こういうときって(;´∀`)

まぁかがみ的にはあくまで経験則なんですけど、
ブログには『レミニセンス効果』、みたいな、
脳科学的な知見もご紹介させて戴きました。。。

煮詰まったら寝ればうまくいく!? レミニセンス効果ってなんだ|シゴトサプリトピックス
「アイデアに煮詰まっていたのに、寝たらぽんっと降りてきた」という経験はありませんか? 実はこれ「レミニセンス効果」と呼ばれる、脳のメカニズムなんだとか。この効果をうまく引き出せれば、仕事がもっと楽になるのでは!? そこで、名古屋大学環境医学研究所 脳機能分野の教授・澤田誠さんを直撃。まずはレミニセンス効果について、詳し...

あ、あとそのあとアウグスト・ケクレさんの『自分の尾を加えるヘビ』の
お話も載せさせて戴きましたけど、
こっちはなんだか
学者が話を盛り上げるためのなかば『都市伝説』って説もあるみたいですね。。。(;^_^A

https://ja.wikipedia.org/wiki/アウグスト・ケクレ#ケクレの夢

うー--ん、
ほんとまさに『すべてを(常識を基に)いったんは疑え』ですかねぇ。。。

ウロボロスの輪、ケクレの夢
※)上図は『ウロボロス』(;^_^A
ちなみにかがみんは
高校?ちうがく???の化学のせんせい??に
このおはなしを聴いたときわりかしすなおに信じてしまいマスタ。。

あとこのせんせいはたしか『日本刀』の製鉄技術についてもアツく語られておられましたね。。。
あ、こっちは『玉鋼』とかなんとかでググれば見っけることができますお。

第30弾:ITエンジニアの仕事の勘所について⑪

勘所⑪は『しんどい単純作業とか振られたら、自分用のマイルストーンを作ろう』でした♪

はい、これは正直やってるエンジニア少ないかも。。。(;^_^A
なぜって、実はかがみのキャリアって、
テスター(※テストエンジニア、QAエンジニア)の経験が長いんですよね(;´∀`)

ならほんと
いっそQAマスター(※思いつきの造語)にでもなりゃいいじゃんとか
言われそうですけど。。。

ですけどはいまぁ
例え開発者であったとしても
大小問わずソフトウェアベンダーとかであると
こういったこまい単純労働とか
どーしても発生しますんで、
そんなときはどーか
一時間で何個(何本!?)作れたかな?みたいな予実管理は
モチベーション維持に有効だと思いますよ


いやほんと。

とにかくなんでも計ろう!
※)まぁこの『計測すること』って学校の偏差値みたいに場合によっては要らぬ格差意識とか生みそうですけど。。。
ってハナシ飛躍しすぎか(;^_^

第31弾:ITエンジニアの仕事の勘所について⑫

勘所⑫は『中間報告をする』でした♪

いやけど
もうこれ
あらゆる社会人が、会社とかの新人研修で習ってるだろ、
みたいな(;´∀`)

。。。
。。。
。。。
。。。。。。。。うん、そだね。

※)兎に角ちゃんとカクニンしようよぉ!ワンちゃんだってちゃんと見てやらんと気づいたらこんな状況に。。。
あれ?なんかハナシと内容逆っすか(;´∀`)

第32弾:ITエンジニアの仕事の勘所について⑬

ラスト!
勘所⑬は『プロ意識を持つ』でした♪

はい、これはかがみ自身はまたいつものように
苦い思い出が。。。(;´∀`)

例えば、こーるせんたー時代にも※
終始
のべつ幕なしで
べしゃるお仕事なんでつい
会話しながら飲み物を飲んだときがございまして。。。Orz
(;´Д`)
※『も』です。『こーるせんたー時代は』ではございませんよ✨

その現場のどえらい方から激怒いただきました(;´Д`)
ま、そりゃそうですよね、
電話の向こう側からしたら、
会話してまだ1分もしてないのに
飲み物飲んでる音とか聞こえちゃうかもしんないんでOrz


『けどこーるせんたーなんて薄給なのにブラックやん』とか
もちろんそれはそれで正論なんすけど、

馬鹿みたいにまじめに仕事してると、
後からその現場で知り合った会社経由で
次のお仕事頂けることとか実際にあったんで、
ほんと侮れないですよぉ~


ってか僕らリスク回避重視の雇われ者って、
『バカ』になるしかないと思います。

いやですけどYouTubeとかで成功者とか見てると
彼らはみなさん演技じゃなくて本物の馬鹿だと思いますけどね(;´Д`)

※)みなさん!『東京タワー』って実は僕らの大先輩たちの老若男女のガチの大馬鹿どものおかげて造れたんですよ!
あら?このハナシご存じない!?(;´Д`)

総括の総括、まとめのまとめ✨✨✨

っとと、はい!
こーして改めて振り返ってみますと、
いくら何でも多いな、と(;´∀`)

あ、ではダイジェスト版いきます♪

①差異に気づく。

※)位置ちゃうやん!

②個々のデータを結びつける。

※)これらみんなコンビニやん!

③本当そうなハナシでもいったんは疑う。

※)これ三次元じゃ無理やん!

④詰まったらいったん視野を広げる。

※)見上げればホラ宇宙(ソラ)は広大無辺やん!

⑤脳トレを続ける。

※)とりまパズル的思考必要やん!

⑥書き物はよく注意して読む。

※)よく読まんとヒヤリハットするやん!

⑦なにかゆるめの健康のための運動を続ける。

※)らぢお体操でもせんとうちらマジ死ぬやん!

⑧常識を基に対応する。

昔考えられていた世界
※)ないない。フツーに考えたらこんな地球ありえへんやん!

⑨白い鴉(カラス)はありうると思う。つまり、何事もなるべく断定は避ける。

※)この世の中ってホント不思議やん!

⑩煮詰まったら帰宅して寝る。もう、きりが悪かったとしてもさっさと寝ちゃう。疲れちゃうから。

ウロボロスの輪、ケクレの夢
※)いっそ寝ちゃえばおもろい夢見れるかもしれへんやん!

⑪根詰め作業はマイ・マイルストーン(私的予実表)作ってモチベを維持する。闇雲だと疲れちゃう。

とにかくなんでも計ろう!
※)測りだすとついスコア上げたくなるやん!

⑫中間報告をする。ちなみにこれ、納期あるなら依頼者さんからの後出しじゃんけんにご注意。

※)中間報告せんと予想外の結果になるやん!

⑬プロ意識を持つ。エンジニアからするとちょびっとの違いなんだけどBiz系はこれがめっちゃ厳しい。

※)東京タワーだって実は職人たちのプロの意地のおかげでああなれたらしいやん‼


ま、こんな感じすかね(;^_^A
ってか本場の関西人の方本当にごめんなさい。。。ついノリで。。。。Orz

あとあれですね、
なんか
書くたびに書かれてる文言が微妙に違う気がするんすけど(;´Д`)
まさにこれがスパイラル!?
※↑嘘です

結びに

今回は、ざっくりと本ブログの第20弾から32弾までの内容の振り返りを投稿させて戴きました。

みなさま、お読み下さりありがとうございます。

んで、
じゃあ次からなにしようか、
なんですけど、
今のところ
今までのITエッセイのサービスパック版(※不具合多発なので)書くか、
ここのところインプットしまくってるIT関連の読み物についての随想を書くか、

このどちらかをしようかなぁと思っております。。。

う~ん、どうしようか(;^_^A

過去内容の更新系はたぶんほとんどの(数少ない)読んでくださっている方々にとっては
『もう今さら』な気も致しますし、
けどだからといって
古い記事でも真面目にはじめて読んでくださっている方々には
最新の訂正内容はご興味あるかもしれませんしね(;^_^A

なんていうか、
かがみ的には
まだ根本的な意味での問題は解決してないのに、
とにかくスピード!
次の時代のほにゃららはコレ!、とか、
なんかあんまよろしくないと思うんですよね、
だってそれだと
いつまでたってもITって投資のわりには
うさんくさいと思われちゃうんじゃないでしょうか。。。

まぁ
これは過去の黒歴史を解決するための新技術です!
とかならわからなくもないんですけど。。。

それでは、今回は以上となります。
最後までお読み戴きありがとうございました。














私たちみんなに、いつも良いことありますように✨✨✨

タイトルとURLをコピーしました