ITエンジニアの仕事の勘所について②

全工程共通

縦の糸はあなた、横の糸は私!?エンジニアが様々な事象を紐づけることについて

みなさまどうも。「あったらいいね!」シリーズでブログを書き続けている加賀美(カガミ)です。前回からITエンジニアの『仕事の勘所』についてお話を始めたので、今回は様々な事象を「紐づける」という点についてお話したいと思います。

みなさま、最後までご静聴のほど、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

またまたナゾナゾ。3つの建物を紐づける

さて、それでは前回同様、下記の図を見て下さい。
下記の図にある3つの建物を『紐づけているモノ』とは、いったい何でしょうか。
なお、今回はあまり深く考えなくてOKです。

はい、それでは正解を答えても大丈夫でしょうか。


様々な回答がございますでしょうが、カガミが今回期待した答えは、『コンビニ』となります。

どうでしょう、難しかったでしょうか!?

実際、上図の3つの建物は、ネットで『コンビニ』で検索して見つけたイラストをダウンロードしたものになります。もちろん、著作権には触れておりません。

たとえば、とあるデータをみたとき、そこに『ローソン、セブンイレブン、ファミリーマート。。。』などとデータが列挙されていたとき、『ああコンビニのデータか』と個々の共通項を結び合わせる行為が、今回テーマの『紐づける』という行為になります。

カガミ自身が経験した、とあるトラブル対応の時の苦い経験。

さて、こういった、画像や音声、はたまた文字データなどを『紐づける』習慣を持つことは、ITエンジニアとしてのお仕事にいったい何の役に立つのでしょうか。

ここでまた40代のおっさんである私の昔語りをしたいと思います。まぁ、エッセイのブログですからなにとぞご容赦ください。。。

カガミ自身が昔、担当していたシステムで、ふだん良く指導してくれる先輩SEが不在の時にトラブルが発生したことがありました。

さっそく保守で使う管理コンソールみたいな画面を開きますが、ふだんメインで担当しているわけではないので画面とにらめっこしながらもいっこうに解決には至りません。

焦りが更なる焦りを産み、時間だけが過ぎてく中で、ようやく先輩SEが来てくれ、急場の解決に至りました。

ここでもちろん、よく知らない画面の操作を、勝手な想像で操作することは普段ならNGとはなりますが、急場のトラブルであれば、お客様から見れば私も『担当者』となります。

上司に連絡をしてひたすら待つ、というオペレーションでも正しかったのかもしれませんが、カガミが感じたのは、その先輩SEの管理コンソールでの操作を見たとき、もし画面上のメニュー内容やボタン内容を『冷静』に考えて、何を意味するのか『推測して』おけば、案外カガミのワンオペでもお客様をあまり待たせず解決できたのではないかという事です。

『わからない、わからない』と未知の出来事に出くわしたときパニくるのではなく、限られた情報から様々なことを『紐づけ』、システム的に問題が起き無さそうであれば自己解決をする。

そういった習慣が必要なのでは無いかと感じた一コマでした。

実際、駆け出しエンジニアの方などは始めのうちは先輩エンジニアに何でも質問するでしょうが、そのうち自己解決できるようにならないとなりません。

そして、エラーメッセージなどが出たらそれをコピペしてググる、それだけでは機械的でエンジニアとしての成長は望めないのではないでしょうか。

もちろん、ググることはカガミも行いますが、まずは冷静になってエラーメッセージやテキスト文書に書いてある内容をよく読むことが理想です。

まったく読みもしないでググって検索結果の手順通りにオペレーションして解決する、みたいな対応を続けると、不慣れなまったく新しい言語などに挑戦したとき苦しい思いをすると思いますし、エラーメッセージの内容から意味をくみ取って自己解決できれば、ググって解決するよりけっこう時間が短縮されると思います。

結びに

今回は、ITエンジニアのお仕事の勘所シリーズの第二弾として、エンジニアは様々な事象を紐づけるべし、と言った内容の投稿をさせて戴きました。

みなさま、面白かったでしょうか。

紐づけると言えば意外にもエンジニアはテーブル名やクラス名など、様々なオブジェクトをネーミングする機会が多いかと思いますが、シンプルでわかりやすい、『名前から意味を連想しやすい』ネーミングをすることがとても大切であると思います。

また先の例では『コンビニ』を例に出しましたが、普段の日常生活においても、エンジニアとして様々な事象を紐づけてみることをオススメ致します。

その習慣が、新たな開発などで『未知との遭遇』をしたとき、きっと役に立つと思います。

最後に、次回は勘所シリーズ第3弾として『すべてを疑う』といった内容で投稿をする予定です。

それでは、今回は以上となります。
最後までお読み戴きありがとうございました。













私たちみんなに、今日も良いことありますように✨✨✨

タイトルとURLをコピーしました