ITエンジニアの仕事の勘所について①

全工程共通

繰り返すポリリズム!?エンジニアと差異について

みなさま。
WordPressによるブログ投稿第20弾を書いている加賀美(カガミ)です。
みなさま、おはようございます。

さて、前回までで『転職』シリーズをいったん終わらせたので、今回からはどんな連載を始めようかなぁ。。。などと思案していたのですが、とりあえずITエンジニアに共通で必要と思われる『仕事の勘所』みたいな話をしようかなぁ。などと思いました✨

というわけで、あくまでも20代後半からエンジニア人生をスタートし、その後おもにSI業界、業務系アプリケーション界隈の最末端で主に客先常駐のエンジニアとして働いてきたカガミの、「これ知ってたら良いだろうなぁ」的なことをつらつらと随想する。

といったわけでございます(^-^;

あ、けどこれ、今までの転職ブログにとかに較べたら、ようやくこのブログの趣旨である「ITエッセイ」ぽいですよね(;^ω^)

随想なわけですから。。。。

と、いうわけで、今回はお仕事の勘所として『差異について』あるいは『差異に気づけるか!?』について書かせて戴きたいと思います♪

そして、いつも言っておりますが、本ブログもカガミのこれまでの経験による、あくまでも個人的見解にすぎません、ということを強調しておきたいと思います✨

それでは、次章に続きます♪

ベタな展開?2つの缶を見較べる

さて、それではさっそく『差異について』書きたいわけですが、その前に下記の2つの写真を見較べて戴きたいと思います。
この2つの写真の『差異=違い』は、みなさまどこであると思いますか?
※環境によって大きさに違いがあるように表示されるかもしれませんが、今回はそれは無視してください。

。。。はい、いじわる問題ですね(泣)

こういうとんち問題が好きだから女性にモテないんだよってツッコミが来そうですね💧

頭の回転が速い人なら、「まったく同じ缶だが、おそらく製造番号が違う」と仰られるかもしれません。

けれど今回かがみが期待していた答えは、違います。

カガミが期待していた答えは、『右と左という、『位置』が違う』でした✨

はい、これで、ただでさえ読者の少ない本ブログが、読む気が無くなる人が続出しそうですね💧

ですが、これがITのお仕事を進める上でけっこう大切なことであるかなとカガミは思うのであります。

この世に『まったく同じ』というモノは一つとして無い。そのことを徹底的に考える

さて、いじわるで、非モテ男子らしい哲学的な話を出しましたが、ITのお仕事では『違い』に気づくことがけっこう重要な場面に何度も出くわします。

例えばシステム保守において、普段とちょっと違う動きをシステムが振舞ったとしましょう。

私たちの日常は、「男性」「女性」「20代」「30代」などと、「同じモノ」でカテゴライズして生活を押し進めることがほとんどです。

俗にいう『色メガネ』というやつですね。

けどそうでもしないと日常は、あるいは生活は、まったく進むことができません。

けどシステムが普段とちょっと違う動きをした、という場合は、すぐに上司に連絡すべきことなんです。カガミ自身はいつもこれで痛い思いをしてきました。

もちろん、見過ごしてよいエラーやワーニングもあり、その『見極め』は難しいところなんですが、恥や叱られる恐怖から言わないよりは、怒られたり、恥をかかされてでも違いに気づいたら連絡すべきです。

これ、本当に大切なことです。

システムが大きな問題を起こしたとき、後で担当者に問いただしたとき「気づいてはいたが、気にならなかった」という事は良くあることです。

また、設計書やテスト仕様書は、更新日付が変われば差異がどこにあるのか確認すべきです。WinMergeなどのDiffツールをカガミは多用します。

また、テストデータなどであればWindowsであれば(Alt + Tab)を使って画面切り替えをパタパタと繰り返して違いを比較します。

交互に切り替えるのを素早く繰り返すことで、ほぼ同じなのですが、微妙に違うところに気づけるからです。

前章はちょっとイジワルな話でしたが、日常の様々な事において、『これは同じだな』と感じられる出来事に出くわしたら、ぜひ『違いは何だろう』と考えるクセをつけられることをオススメします。

もちろん、それで得意げに『違いについて』誰彼構わず延々と語りだすようになったら、たぶん友達を失うと思いますが💧

ともかく、『神は細部に宿る』ではございませんが、エンジニアとしてやってく上で、様々な事象について、『小さな違い』に『気づける』人になって欲しいと思います。

って、なんかエラそーですが(;´Д`)

結びに

今回は、ITエンジニアのお仕事の勘所シリーズの第一弾として、エンジニアは差異に気づくべし、と言った内容の投稿をさせて戴きました。

みなさま、面白かったでしょうか。

差異と言えば、いぜんTwitterでもツィートしたかもしれませんが、JavaやC#、PythonやRubyなど、言語も1つ1つに違いがあり、それぞれ得意分野があります。

RDBもOracleとPostgreSQLは違いがあります。

もちろん、移行などは、共通項があるからこそ可能なワケなんですが、要素技術の1つ1つについてそれぞれ違いがあることをぜひ頭の片隅においといて欲しいと思います。

また同じOracleでもバージョンが違えば振る舞いが変わります。

ここら辺は、みなさまWindowsUpdateなどで痛い思いをしたことがあるかと思いますが。。。。

最後に、次回は真逆の話、異なる2つの対象を『紐づける』事について投稿したいと思います。

それでは、今回は以上となります。
最後までお読み戴きありがとうございました。












私たちみんなに、今日も良いことありますように!✨✨✨

タイトルとURLをコピーしました